ケノンは友人がすでに2年以上使用しており、腕や足などかなり広範囲で脱毛効果がでており、私も実際にそれを間近で見ていたのでケノンの実力については知識もありました。

家庭用脱毛器のケノンの使用失敗談

ケノンを購入したきっかけ

私自身も長年にわたってムダ毛の処理はシェーバーでお手入れをしていましたが、やはり毎日脱毛しなければならないのでとても面倒だと感じていましたし、シェーバーで脱毛すると埋没毛ができやすかったり色素沈着してしまって肌が薄黒いような色になってしまったりかなり肌トラブルがあったのでシェーバーの使用は控えたいと思っていました。

結局シェーバーの自己処理以外で自宅で手軽にムダ毛処理できて、さらに肌への刺激も気にせずにできるというのはケノン以外に見つからなかったので最終的に友人と同じケノンの購入に踏み切りました。

実際にケノンでお手入れを始めたら、最初の2回ぐらい光フラッシュを照射しただけでも脱毛効果が出てきたので高い買い物でしたが十分に納得していました。

ところが4、5回の光フラッシュの照射をした後ぐらいから急に肌が炎症を起こしてしまったのです。

これはケノン悪いのではなく私が脱毛効果を得ることをあまりに急いでしまったて照射レベルを最初から高くしてしまったことが原因だったのです。

ケノンの使用で思わぬ失敗をしてしまった

ケノンの使用での大失敗は、照射レベルを最初の1、2ヶ月はゆっくりと1レベルずつ上げていくことが重要なのに、私は最初の2回ぐらいは弱めの3とか4で照射していたのですが、もっとスピーディーな効果を上げたかったので照射レベル5から6、そして8へとどんどん短期間でレベルアップしてしまったのです。

やはりレベルが高ければ高いほど脱毛効果は高かったのですが、やがて脇などの柔らかい皮膚が赤くなってしまい毛穴も赤くなったりして明らかになんらかの皮膚の反応が起きていることに気づきました。

しばらく様子を見ていたのですが、だんだんヒリヒリするようになってしまいには少し皮膚が熱を持つようになってしまったため、これはただごとではないと思い皮膚科を受診することにしました。

すると診察結果はどうやらケノンの照射レベルが高かったことによる軽い火傷状態で毛のう炎という毛穴の炎症を起こしてしまったのではということでした。

まさに私が、ゆっくりと皮膚をケノンの照射に慣らしながらゆっくりと照射レベルを上げなかったことで皮膚に多大な負担をかけてしまったのでしょう。

結局脇に関してはケノンを再び使用できるようになるまで3ヶ月ぐらいかかってしまいました。

ケノンはとても良い家庭用脱毛器ですが、焦らずゆっくりと照射レベルを上げながら使っていくことがとても重要だと反省しました。

脱毛器ケノンを使ったものの継続できずに断念

面倒なワキ毛の処理を家庭用脱毛器で解決しようと決意

昔から濃いワキ毛の処理にうんざりしていました。
その悩みを解消するために使いはじめたのが家庭用脱毛器のケノンです。
ネットですごく評判が良いですし、自分の周囲でも使っている知人がいます。

7万円近くする高額商品なので最初は躊躇しましたが、すでに使っている知人がすごく簡単にムダ毛処理できるとすすめてくれたので、思い切って購入してしまいました。

ケノンを手に入れるまでやっていたワキ毛の処理方法は、カミソリや脱毛クリームなどです。

どちらもお金があまりかからないのは大きなメリットでしたが、とにかく処理の面倒臭さが辛く感じます。

カミソリの刃で肌を傷つけると大変ですので、慎重に処理する手間がかかります。

そのわりにはあまり深く毛を剃れず、黒い毛のぶつぶつが目立ちますし、すぐに毛が伸びてしまうのが嫌でした。

脱毛クリームなら塗るだけなので処理自体は簡単ですが、敏感肌なためかやや刺激が強く、肌が赤くなってしまうので長く使い続けられません。

一方の家庭用脱毛器ケノンは光を当てるだけなので簡単です。

刃物を使いませんし、刺激も少なく肌をいたわりながら処理できるのは本当に感動ものです。

高いお金を払う価値は十分にあると思います。

この点に関しては特に不満はありませんでした。

効果は実感できたものの徐々に脱毛処理が面倒に

使い勝手の良さや脱毛効果については問題ないと思います。

でも、やはり自分でムダ毛処理をすること自体が面倒なんだと途中で気づいてしまったんです。

最初はその効果の高さが嬉しくてケノンを楽しく使っていましたが、徐々にケノンを準備するのも面倒に感じるようになりました。

カミソリよりも深い部分まで効果があるので、再び毛が伸びるまで時間稼ぎはできます。

しかし、結局は家庭用脱毛器の性能に限られているためなのか、しばらくサボっているとムダ毛が目立ってきてしまいます。

約2週間のサイクルで処理を続けると次第にムダ毛が目立たなくなりますが、処理をサボってムダ毛が長くなってしまうとケノンだけでは処理できません。

先に毛を短くしておかなければならないので、結局昔からやっているカミソリの処理が必要になってきます。

こうなるとケノンとカミソリの両方の準備が必要になるので、ますますやる気が無くなってしまいます。

あまりにも面倒だとカミソリの処理だけで終わらせることもしばしばありました。

結局ケノンを使う機会は減り、収納ボックスへ入れたまま放置しています。

7万円も払うなら医療脱毛を利用したほうが良かったかもしれません。

商品自体に不満はないものの、購入は失敗だったなと思っています。